個人再生  ― 借金を減らす手続、でも破産は避けたい方へ

・借金をこのまま返すのが難しい

・でも破産はしたくない(財産を手放したくない、破産すると仕事をやめなければならないなど)

・自分で借りたものだからできるだけ返していきたい

以上のようなことを考えている方は、個人再生を考えてみてはいかがでしょうか(以下では、負債総額が5000万円を超えない「小規模個人再生」を念頭において説明します)。

 

個人再生は、一言でいうと、裁判所を通じて債務を大幅に圧縮してもらい、分割で残った債務を返していける手続です。

 

破産手続と異なり、不動産などの財産を手放すことなく、手続を進めることができます(持っている財産の評価額相当分を返済することで解決できます)。また、個人再生により辞めなければならない仕事はありません。破産に抵抗がある方で個人再生をおこなう方もいます。

 

債務の圧縮についてですが、ざっくりと言うと、返済する金額は元利金の5分の1程度になります(負債が100万円未満の場合は全額、100万円~500万円の場合は100万円になるなど例外もあります。さらに持っている財産評価額以上は返さなければならないというルールもあります)。返済していくことが前提になるので、継続して収入を得られる方でないと、この手続は使えませんが、使える方にはメリットの大きい手続です。

 

 

個人再生を検討したい方は、当事務所までご連絡ください。

小規模個人再生の弁護士費用はこちら(PNGファイルで用意しました)

あしたば法律事務所の小規模個人再生の弁護士費用